様々な珍しい野菜の漢字

普段はカタナカ表記されているキャベツやトマトなどの野菜も漢字で表現することができます。例えばキャベツは甘藍もしくは玉菜と表現されます。それぞれの読み方は「かんらん」と「たまな」です。名称の読みも同じものとしては、例えばキクラゲは木耳または木蛾と表記します。キクラゲはキノコの一種で、ケヤキなどの倒木や枯枝に発生し、日本や中国など東アジア諸国で食用とされています。中国では木耳を「ムーアル」と読みますが、日本では木に生えるクラゲのような食感の食材であることからキクラゲと読みます。クワイは水生多年草であるオモダカの栽培品種で慈姑と表記されます。キクラゲと同様に文字と読みが一致します。読むのが難しい青果には様々なものが存在します。普段の日常生活ではカタカナで表記されているため不便はありませんが、読み方を覚えておけば市場などを訪れた際に役立つことがあります。
難しい表記をする青果を覚えるには現物を見ながら学んでいくのが合理的です。青果の調達は食らぶ市場を利用すれば効率的に行うことができます。食らぶ市場には青果や肉、魚、米、乳製品などあらゆる食材が出品されています。特にプロフェッショナルな料理人が食材を探す場合に役立ちます。キャベツやキュウリ、トマト、ニンジンなど業務用青果は飲食店の経営に欠かすことができません。食らぶ市場では飲食店で通常使用される業務用青果だけでなく、南国のフルーツや珍しいハーブなども出品されています。日本全国の卸売業者が様々な食材を出品しており、価格と品質を容易に比較検討することができます。様々な食材を比較すれば仕入れコストの削減や新商品の開発が可能となります。
食らぶ市場にはあらゆる業務用青果が出品されているので、現実的な必要性に応じて青果の仕入れに活用すれば自然と様々な種類の青果を記憶することになります。難しい表記の青果を効率的に覚える上で有効です。飲食店など日常的に使用される野菜にはキャベツやトマトなどがあります。トマトは漢字では赤茄子、蕃茄、唐柿などと表記します。それぞれの読み方は「あかなす」、「ばんか」、「とうし」となります。まずは身近な野菜の漢字から覚え、次第に珍しい野菜の漢字表記に慣れていくのが合理的です。食らぶ市場を利用すれば野菜の調達をスムーズに行うことができるだけでなく、難しい漢字表記の読み方を覚えるのにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です