サラダ苦手な方に野菜かき揚げがおすすめです

生野菜をたくさんとるのは体によいのはわかるけれど、どうも苦手、たくさんの種類を食べるのは大変という方におすすめなのがかき揚げです。うどんやおそばとも相性が良いですし、ごはんにも合います。野菜だけで食べごたえが出ますので満腹になりますし、様々な野菜を組み合わせることで食感を楽しめます。自宅で天ぷらは大変と思いますが、生でも食べられる野菜だけなので油もそれほど必要ありませんし、油そのものもそれほど汚れません。調理時間も30分ほどで美味しいかき揚げが食べられます。
たまねぎ、にんじんだけでも美味しいですから、自宅にある残り野菜をまとめて食べるのにも向いています。ごぼうや三つ葉、シイタケなどをプラスすれば栄養満点で違う食感が楽しめます。油で揚げると本来の甘みが感じられますから、ジューシーさもプラスされます。れんこんやショウガを入れると歯ざわりや味の違いも楽しめます。
千切りや薄切りにカットし、小麦粉を加えてさっくりと混ぜ合わせます。ほんの少しの量で揚げていけば失敗知らずです。揚げる時間は30秒から1分ほどですので時間もほとんどかかりませんから、揚がった瞬間から食べ始められるように準備しておくとライブ感も楽しめます。塩をかけて食べればよいので簡単です。
天ぷらはカロリーが高くて野菜の酵素や栄養が壊れると思っている方も多いのですが、実は衣をつけて揚げるので栄養分を包み込んだままの状態で食べることができます。衣の水分は蒸発しますが、野菜の水分はそのまま残るので触感と甘みとうまみがそのまま残ります。
かぼちゃやししとうなどの緑黄色野菜は油にとけるとベータカロテンの吸収率が高くなりますし、油にもこだわればよりヘルシーな食事ができます。衣のカロリーが気になる方は米粉を使うのもおすすめです。天ぷらはカロリーも少なめですので実はヘルシーな食事です。衣が大きすぎるとカロリーが増えるのは確かですので、自宅でかき揚げや天ぷらを作るときには衣を薄めにするのがおすすめです。
かき揚げを作るのに材料がない、カットしている時間がないという時には1品で作るのもおすすめです。ニンジン、こぼう、さつまいもならチップスのようにして食べられるのでおやつにもなります。トウモロコシをプラスすると甘みが強くなります。揚げている最中に分解してしまうのであれば、みじん切りにして揚げるのもおすすめです。てんぷら粉ではなく小麦粉を使う時には水も粉もあらかじめ冷やしておくとだまになりにくくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です