野菜の切り方でおいしく食べられる

野菜は旬の季節になると新鮮なものがいろいろとスーパーなどでも並んで色鮮やかです。
それぞれに色や形の違うものがあるので、料理をするときにも何にどんなものを入れるのか、その野菜でどんなものを作ろうかと考えながら購入している人も多いです。新鮮なものだと普段はなかなか口にしないおかずを子供たちが喜んで食べてくれるという人もいます。実は野菜は切り方でその味に違いが出てくるといいです。なかなか食べてくれない、と悩んでいる方にはまずはじめに切り方を変えてみるという方法もあります。
野菜を切る向きで繊維の長さが変わって歯触りが変わることがあります。また、細胞の壊れ方が大きいほど中の成分が出やすくなるので、味や臭い、色に違いが出ることもあるということです。

たとえば、タマネギは独特の苦みや辛みの成分を含んでいるので苦手という子供も多いです。繊維に直角に切ったものは、繊維に沿って切ったときよりも多くの細胞が壊れてこれらの成分が漏れ出やすくなります。
切り方を変えると食感が違ってきます。たとえば、繊維に沿って千切りをするとシャキシャキとしたキャベツに、繊維に対し直角に切ると柔らかい食感の千切りになるといいます。

味の違いも出ます。
たとえば、繊維に対して直角の切り方をしたにんじんは甘いという人も多いです。この切り方をするときゅうりも甘いという子供が多いということです。
ただし、タマネギは繊維に対して直角にすると辛さが増して感じたり、苦味を感じることもあります。
子供はその野菜がどのような形に切ってあるのかで食べたり食べなかったりすることがあるといいます。きゅうりが嫌いでも縦の千切りなら大丈夫、ピーマンが嫌いでも横切りなら食べられる、トマトが嫌いでもいちょう切りなら食べられる、という風に切り方によって子供の好き嫌いに影響がある場合もあります。

野菜は大人でも好き嫌いがある人もいるので無理に食べさせたくない、という人もいると思いますが、やはり健康のためにもできるだけ食事はバランスよく、野菜もおいしく食べてほしいという親もたくさんいます。せっかく料理を作るのなら、おいしくたくさんのおかずを食べてほしいものです。なので、野菜をできるだけおいしくなるように切ることを意識してみるといいです。
それぞれにおいしく感じるための切る方法というものがあるので、それをまずは知っておくことが大切です。お子様と一緒にいろいろな方法で切ってみるのもいいかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です