野菜を切って保存することで時短料理

忙しい人にとっては料理をすることは大きな挑戦です。肉や魚料理は比較的時間がかかりません。実は野菜を料理に使うことは、想像以上に時間を有します。その理由として、洗って皮をむき切るという作業が必要だからです。切って保存することで、スピーディに調理を行うことができます。
つまり野菜を洗ってから、切って保存するということです。ジッパーの付いた袋などが向いています。たとえば、普通は人参を買ってきたらそのまま冷蔵庫に入れるに違いありません。そうではなく、人参を洗ってから小さい乱切りにしてビニール袋に入れ保存します。このひと手間があることで、すぐに調理に取り掛かることが可能です。スープに入れたり、ベーコンなどと炒めたりすれば立派な一品になります。同じように、キャベツなどの葉物も切って保存することで時短料理ができます。時間がないときは、インスタントラーメンにそのまま入れることで野菜不足を補うこともできるでしょう。すでに切ってあることで、無駄を防ぐことができます。冷蔵庫の端っこにいつまでも野菜が転がったままでいることや腐ってしまうことも避けられます。最近は自家製スムージーを作っている人も少なくありません。あらかじめ材料を切って保存していることで、忙しい朝でもすぐに健康的なスムージーを作ることができます。
中には切って保存することに向かない野菜もあります。ナスやジャガイモなどは変色しやすいため、使う直前に切る必要があります。野菜室で保存する以外にも冷凍庫に入れるなら、さらに長期保存が可能です。もちろん冷蔵庫であっても、一週間以内には食べきるようにしましょう。新鮮な方が栄養も高いため、できるだけ早めに食べることが理想です。冷蔵庫に入っているものをメモして、扉に貼っておくなら忘れることがありません。さらに、野菜を洗ったあとはしっかり水気を切りましょう。水分がおおいことで傷みが早くなることもあります。ザルなどを使って水を切り、キッチンペーパーでふくなら安心です。
ビタミンなどの栄養素は、野菜から直接取りいれることが効果的です。サプリメントなども栄養バランスを補う助けにはなりますが、あくまでも補助的な位置と考えましょう。食物繊維を口から取り入れ咀嚼することで、一層効率的に吸収することができます。特に旬の素材は、季節ごとに必要な栄養素が含まれています。たとえば夏は胡瓜やトマトにより、体の熱を外に出し暑さに強い体にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です