野菜のおすすめの仕入れ方法について

飲食店を経営している方は、小規模の店舗の場合一般的にはそのエリアにある市場から野菜を仕入れることになりますが、美味しい野菜を仕入れるには農家と直接取引をするのがおすすめです。農家と直接取引をすることで新鮮な野菜を驚くほど安く入手できますし、価格的にも直接取引の場合中間マージンがかかりませんのでおすすめの方法です。
農村が近くにあるエリアの場合は直接農家を回って試食させてもらったり、野菜の栽培方法などについて確認してから取引できるメリットがあります。農家によっては配達してもらえるところも多いですので、自分で買いに行く手間も省けますし、朝採れたての商品をその日のうちに店で調理して提供することが可能です。

東京近郊やその他都市部に店舗があり、近隣に農家が無いという場合はインターネット販売を行っている農家と直接契約することをおすすめします。インターネット上で商売を行っている農家は非常に多く、味や農法にこだわりを持って作っているところがほとんどですので、安心して食べることが出来る野菜をリーズナブルな価格で手に入れることが出来ます。商品の種類も日本全国で様々なものを取り扱っていますので、こだわって作られた野菜を日本全国から取り寄せることが出来ます。市場のものは流通を考えて早採りして熟させるものも多く、ぎりぎりまで待ってから収穫された商品を農家から購入したほうがおいしいものを購入できるメリットがあります。

最近の農家は無農薬や低農薬、有機栽培など非常にこだわって野菜を作っているため市場の商品に比べると非常においしいという特徴があります。それまで市場で材料を仕入れていた方は、一度農家で試食させてもらうことをおすすめします。きゅうりやトマトなどはその場で試食することが出来ますし、一般的には火を通して食べる野菜でも新鮮な状態なら生で食べられるものも少なくありません。できるだけおいしい材料を仕入れることで店舗で提供する料理の味もワンランクアップしますし、市場よりも安く仕入れられるケースも多くあります。又、有機栽培や無農薬などは最近の健康志向で非常にブームとなっています。オーガニック野菜を使った料理などは多くの顧客を獲得できるチャンスにつながりますので、意識の高い顧客のリピート率をアップさせることにつながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です