誰でも簡単にできる野菜炒めのポイント

簡単な野菜の調理方法は、野菜炒めになります。この料理のポイントは、水けが多い野菜は先に炒めて一度取り出して最後に再び加えれば、シャキッと歯ごたえのある料理に仕上がっていきます。簡単にこの料理を作るコツを教えます。

材料はもやし、キャベツ、ニンジン、ゆでたけのこ、焼き豚、干しシイタケ、ピーマン、葱、しょうが、になります。油はサラダ油とごま油を用意してください。調味料には塩と胡椒を用意してください。香菜も少々用意してください。ネギやショウガは千切りにしてそれ以外の材料は、マッチ棒大に切りそろえていきます。大きさをそろえると火の通りが均一で、仕上がりも美しくなってきます。中華鍋かフライパンを充分に熱してサラダ油、ごま油を入れます。油を十分になじませて強火でもやしをサッと炒めて、取り出します。サラダ油を足してキャベツもサッと炒めて、塩少々をふっておきます。この鍋にサラダ油、ごま油を足してショウガ、シイタケを炒めていきます。香りがたったら強火のままニンジン、タケノコ、焼き豚を加えて手早く炒め合わせて軽く塩、こしょうをふっておきます。次にピーマンを加えて炒め合わせて取り出していたもやしやキャベツを、戻し入れします。塩コショウで味を調えて葱を加えてサッと炒めて、火を止めます。余熱で火が入りすぎないようにすぐに器に盛って、あれば香菜を添えておきます。これが簡単にできる野菜炒めのレシピです。

もやしやキャベツは炒めすぎてしまうと水分が出てきてしまいべチャッとなるので、いったん取り出しておきます。これが野菜炒めのポイントになってきます。後で戻し入れることを忘れないようにしてください。レシピ通りに作ったつもりでも、ちょっとしたことで炒め物に水分が出てしまうことはよくあるものです。でも調味料やうまみが溶けた汁はそのまま残してしまうには、もったいないことです。炒め物のおいしさを残さずいただいてしまうには、水で戻した春雨を加えて炒め合わせて汁を吸わせる方法や、水溶き片栗粉を加えて炒めて、うまみを閉じ込める方法があります。野菜炒めはその名の通り多くの野菜を使用して作られているものです。レストランや居酒屋などでは毎日多くの食材を用意しています。野菜の仕入れも青果の仕入れも、信頼ができる業者から、行っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です