夏野菜でカレーを作ってみよう

定番の味に飽きたら
カレーに入れる定番の野菜といえばじゃがいも、にんじん、玉ねぎです。これに豚肉や牛肉、市販のルーを入れれば定番の味の完成です。これだけでも確かに美味しいですが、毎回同じだと飽きてしまうものです。特に夏は食欲が落ちているので、大好きなカレーを前にしても「食べたい!」という気分にならないかもしれません。そんなときには、夏野菜カレーを作ってみるといいです。彩りもよくなるので、見た目のインパクトで食欲をそそってくれます。

夏を元気に乗り越える栄養素がいっぱい詰まっている
夏野菜で有名なのは、トマト、きゅうり、枝豆、なす、とうもろこし、オクラ、ミョウガ、かぼちゃ、にんにく、ピーマンなどがあります。他にもニラ、インゲン、ゴーヤ、しそ、モロヘイヤ、冬瓜(とうがん)なども夏に一番栄養価が高くなり、味も食感も最高になります。季節ものの野菜は、その時期の環境に抵抗する栄養素をそれぞれの野菜が持っています。例えば夏なら紫外線が強いですから、紫外線対策に有効な成分を含んでいるものが多くなります。つまり、季節にあったものを選んで食べれば、その時期を元気に乗り越えるために必要な栄養成分がとれるということです。

カレーに入れて試してみよう
夏野菜はいろいろあるので、毎回違う種類を使ってバランスよく栄養素を摂取できるようにするといいです。例えばトマトは人気が高くて、トマト風味のカレーは子どもにも人気があります。トマトの酸味でさっぱりした味わいになり、食欲のない夏の時期でもパクパクいただけます。枝豆は彩りを良くしてくれます。枝豆といえばビールのおつまみ以外に使わないという人は、最後の盛り付けの時にパラっと上からのせてみると綺麗に仕上がります。ナスは苦手という人もいますが、夏場のものはとろりと口の上でとろけるような食感で、味をマイルドにしてくれます。夏野菜でも人気があります。とうもろこしも彩り効果抜群です。甘いので子どもが好む味になります。オクラは特に女性に人気があります。ネバネバした食感が独特で、一時期はモロヘイヤや納豆などと一緒にネバネバの食品としてブームになりました。豪快に一本後のせしたり、半分に切ってのせてあげるのがおすすめです。ピーマンも好き嫌いが分かれますが、鮮やかな飾り付けには大いに役立ちます。カレーに乗せるための青果を効率よく仕入れるのであれば、業務用市場を利用すると便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です