野菜の価格を気にせずに使える

野菜はその時期によって価格が変わってくるので、この間まで安かったのに急に高額になっていることもあります。
そんなときにはできるだけ安い価格のものを選んで調理をするようにしておくといいです。どんなときでもあまり価格の変動がない野菜もあるので、そのようなものをどのように使うかによっておかずの種類を増やすことができます。安いものを上手に使うことで、おいしくて栄養のあるものを作ることができるということです。

野菜の安いものというと、もやしです。
もやしはいろいろなおかずやスープ、炒め物などにも利用することができるのでとても便利です。
シンプルな味なので、炒め物をするときにはほかの安いものと一緒にお肉を加えるだけで野菜炒めができますし、しょうゆなどを片栗粉を溶かしてまぜるとあんかけにすることができます。それをチャーハンなどにかけてもおいしいあんかけチャーハンを作ることができます。
ほかにも、もやしで中華スープを作ったり、片栗粉を少しだけ入れてあんにして、肉団子などを入れてもおいしいです。
また、キノコも安くていろいろと使うことができる食材です。野菜のひとつとして考えると、種類が多いので、おかずによって使い分けることも可能です。
たとえばキノコ炒めやマッシュルームなどでチキンライスを作ることもできます。鶏肉とキノコで煮物、スープ、味噌汁なども作ることができるので、万能食材ともいえるかもしれないです。
豆苗も安い食材として利用することができます。また、豆苗は何度か切っても水栽培をしておくことでまた生えてくるので、繰り返し使うことができるということでも優秀な食材だといえます。
かいわれ大根も価格が安くていろいろとおかずに使うことができるということで人気があります。栄養も豊富で健康にもいいのでおすすめの食材です。

このように安い価格のものでもいろいろとおかずを作ることができる食材があります。
なので、その時期に安くなっているものをうまく利用しておいしくて健康によいものを作ることができます。いろいろなレシピを探してみるといいです。安い価格のものでも高いものに負けない、おいしいものを作ることができるので、簡単に作ることができるものから挑戦してみることをおすすめします。
気軽に取り入れることができるのはもやしですが、キノコも季節によって種類が増えるので、その都度いろいろな料理を作ってみるのも楽しいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です