美味しい野菜を手に入れるためのポイント

同じ野菜であっても個体差が大きいため、本当に美味しい野菜を手に入れて食生活を豊かにしていくには選び方のポイントを押さえておく必要があります。実際に手に取って見てみるのがわかりやすく、色合いがはっきりとしていて赤いものは赤色、緑色のものは緑色といった形で鮮明な色になっていることが大切です。また、みずみずしさがあることを重視しておくのも美味しいものを選び出す上では欠かせません。よく虫食いを気にする人がいますが、見た目を重視しなければならない場合でなければ多少の虫食いがある方が美味しいと考えることもできます。それだけ良い環境で育って栄養も豊富になり、風味も豊かになっているからこそ虫も好んで食べるようになっていると言えるからです。まt、水分が重要な野菜はしっかりとした重みのあるものを選び、水分が多いと傷みやすい葉物などは比較的軽いものを選ぶのが良いでしょう。このようにじっくりと野菜を観察すると店頭に並んでいるものの中から美味しいものを選び出すことができます。

選び方と合わせて覚えておくと良いのが鮮度の影響です。基本的には収穫してからすぐに食べた方が味わいも深く、風味も落ちていないので美味しく食べることができます。スーパーの店頭で販売されているものの場合には、通常は農家から卸業者を通して市場に行き、それから販売業者が購入して倉庫に入れ、最終的に店頭に小出しにして売るという形を取っています。そのため、収穫されてから店頭に並ぶまでには早くても二日か三日はかかってしまっているため、鮮度がどうしても問題になりがちです。最近では地場野菜として販売されているものがあり、農家の方が直接店頭に運んできてくれているものもあります。あるいは地域によっては農協のようにその日か前日に収穫されたものが店頭に並ぶ店もあるでしょう。このようなところで購入した野菜は一層美味しいのです。

流通を早くするという考え方で野菜をインターネットで仕入れるのも良い方法です。通販の業者が農家と契約していて直接入荷して速やかに届けてくれるという形になっていれば、収穫されてから一日か二日程度で届けてもらうことができます。業者によって流通が迅速かどうかには違いがあるので注意は必要ですが、新鮮で美味しい野菜を手に入れられる手段として検討すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です